「経営者」は好き?嫌い?いろいろ意見があるかもわかんないけど、さほど悪いものじゃないんじゃないかな、「悲しみ」は。そうは考えない?

笑顔で体操する彼女と季節はずれの雪

開発者は月夜に叫んでいた
■HOME

自信を持って吠えるあの人とファミレス

このごろ、フィクションを読みとおすのはわずかになったが、一時前に北方さんの水滸伝に熱中していた。
別な水滸伝を読んだ時は、おもしろく感じることがなく、われを忘れるほどはまらなかったが、水滸伝の北方バージョンを読み進めたときは、ひきつけられて、読むのが止まらなかった。
仕事の休憩中や家に帰ってからの夕食中、入浴中でも読みふけって、1日一冊ずつ読み進めていた。
キャラクターが人間味あふれていて、凛々しい作中人物がとても多く、そういったところに惹かれた。

笑顔で走る妹と季節はずれの雪
職場で着るスーツスカートを手に入れに行った。
コムサでモード等フォーマルなお店も憧れるけれど109も悪くないと思う。
気が強そうで活発な女物のファッションビルで、体のラインが出るファッションが多い。
金額は店によって差が表れるが、全体的に安め。
そこで、購入する物を選んでいたが、細身の物が多く売られていた。
着た感じも、なんとなく都会的に見えるような気がする。
なかなか素敵なスーツ選びが達成できて、かなりハッピーだった。

具合悪そうに自転車をこぐ子供と冷めた夕飯

無関心だったけれど、運動くらいちょっとはしないとなとこのところ考える。
職務が変わってから、此の程、歩く事がめちゃめちゃ減り、体脂肪率がめちゃめちゃ上がった。
それから、年もあるかもしれないが、お腹周りにぜい肉が増えてきて、とっても見苦しい。
わずかでも、走らないとだめだ。

熱中して叫ぶ君と紅葉の山
知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子を大切にしている。
彼が出張が決まると、知佳子も連れて行ってもらっているし、つい最近は私も一晩だけ一緒に行った。
知佳子もAさんも私の事を同じニックネームで呼びかけるし、どこのお店に入ろうか、とか、まず私に質問してくれる。
なぜか可愛がってくれている気がしてきて、凄く雰囲気が良いと思った。

寒い月曜の晩は熱燗を

夏にあったことをこのシーズンはやっていないが、ともだちとさ来週、コテージをレンタルしてBBQを行う。
いつもの定番だが、日常から離れ、息抜きになる。
男のメンバーがあまりいないので、めっちゃ色々と準備をしないとな。
特に、重い物を運んだりが、女の人は苦手な人がけっこういるので、してあげないと。
ただ必ずみんなでアルコールをがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように気をつけよう。

騒がしく泳ぐ弟と飛行機雲
暑い季節はビールがとってもおいしいけれど、近頃少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年をとって次の日にアルコールが残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はとてもあこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、仕事のつきあいであきるほど行って、俺の中では、今では、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関係でものすごく久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってたいそうお酒を飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

夢中でお喋りするあの子と月夜

今のようにインターネットが必需品になるとは、小学生だった私はよくわからなかった。
品物を扱う店舗は今の時代競争化が進むのではないかと考える。
インターネットを使用し、どこより安価な物を発見することが不可能ではないから。
争いがピークになったところで近頃見れるようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段が目的化してしまいそうだ。

雨が上がった日曜の夕方にひっそりと
タリーズでもロッテリアでもいろんな場所で香り高いコーヒーを飲むことができる。
他にも、家でインスタントでも飲めるし、どこかで缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスターバックスだ。
共通してノースモーキングと言うのは、煙草の煙が嫌いな私にとってお気に入りだ。
そのため、コーヒーの香りを楽しむことができる。
値段も高いけれど、上質の豆が使用されているのでコーヒー通には最高だ。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと一緒に、つられてデザートなど頼んでしまうという落とし穴もある。

ノリノリで話すあの子と電子レンジ

友人の知佳子の彼氏であるSさんが経営する会社で、朝食用に梅干しをお願いしている。
酔うと電話をくれるSさんが可愛がっている社内SEのEくんという若者は、なぜか話がかみ合ったことがない。
シラフの時のE君は、わりと人見知りが激しいようで、そこまでたくさん話さない。
したがって、私はEくんとはじゅうぶんに話をしたことがない。

前のめりでお喋りする子供と僕
この国には、数多くの祭りが存在するようだ。
生で確認したことはないのに、大変よく知っている祭事は、秩父夜祭りである。
ゴージャスな彫刻を彫った、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を見学した際に、実際の様子を写したビデオや実際の大きさの笠鉾と屋台を観賞させてもらった。
冬に開催されるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
参加して見たい祭事の一個なのである。
秩父夜祭とは逆に、夏に行われるのは、箱崎のほうじょうえがよく知られ、万物の生を奪う事を禁止する祭事。
今から大分前には、この祭りの行われている間は、漁も禁止されたという。
トラディショナルなお祭りも大切だが、私はリンゴ飴の屋台も同様に大好き。

TOP

サイト内カテゴリ

Copyright (C) 2015 開発者は月夜に叫んでいた All Rights Reserved.