あなたが考えている「マジシャン」と、みんなが考えている「使命」は、もしかしたらまるっきり違ってるかも。そんなことを考えると、少し変な感じがする。

雲の無い日曜の晩に読書を

開発者は月夜に叫んでいた
■HOME

笑顔で踊るあの人と私

よく遊ぶちかこは賢いやつ。
頭が良いなーと感じる。
絶対人を悪く言ったりはしない。
何この人?と感じても、少しでも相手の気持ちを重視する。
このことから、どんどん許容範囲が膨らむし、強くなれるのだ。
意見を押しとおす事より、こうしている方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、悪いことが起きても次回の糧にする方法をよく理解している。

じめじめした平日の昼は友人と
個人のおおよそが水だという研究もありますので、水分は人間の基本です。
水分補給を充分に行い、お互いに健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
きらめく光の中より蝉の鳴き声が耳に入るとこの頃、いつもはそんなに外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気にかけてしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気にかけているのが水分摂取についてです。
まして、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は例外かもしれません。
なぜならば、多く汗をかいて、知らず知らずのうちに体から水分が抜けていくからです。
外出した時の本人の具合も関係するでしょう。
ひょっとして、自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の具合に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっと外へ出る時も、小さなものでオッケーなので、水筒があれば非常に便利です。
個人のおおよそが水だという研究もありますので、水分は人間の基本です。
水分補給を充分に行い、お互いに健康的で楽しい季節を満喫したいものです。

悲しそうに叫ぶ子供と俺

作家の江國香織の小説に表れる女性陣は、なんとなくクレイジーである。
例えれば、落下する夕方の華子。
他にも、スイートリトルライズの瑠璃子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持っている性質を、極端にして表した形かもしれない。
心からクレイジーなのが、「神様のボート」で登場する葉子。
もしかしたら迎えに来る可能性もあるあのひとを待ち、逗子や草加に引っ越す。
「あのひと」を忘れることなく、絶対会えると思い込んで。
しまいにママは現実を生きていないと愛娘に言われるが、彼女にはいまいち響かない。
ここが、この小説の最高にクレイジーなところだ。
実際にウエハースの椅子にはなるべく座りたくないけれど、神様のボートには乗れる。
江國香織さんの書く、クレイジーでも魅力的で頼りない主役が大好きだ。

風の無い祝日の早朝はカクテルを
動物を見るのに坂道でもいっぱい歩く動物園は、夏季はすごく蒸し暑くて厳しい。
知人と奥さんと子供と自分の家族ともどもいっしょに見に行ったが、たいそう蒸し暑くてくたびれた。
すごく暑すぎるので、どんな動物もあまり行動していないしし、遠くの物影に隠れていたりで、ほとんど見えなかった。
今度は、水族館などがかなり暑いときはいいだろう。
子供が小学生になったら季節限定の夜の動物園や水族館もけっこう楽しめそうだ。

ひんやりした日曜の夜明けにひっそりと

少年はたいそう腹ペコだった。
あと数日で夏休みという時期、学校から元気よく下校しているときだった。
セミももううるさく鳴いている。
日光は強く、夕方にもかかわらず、いまだお日様は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校することも多いが、今日はあまりにも腹ペコだったから、早く家に帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋にだいぶ残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、残ったのが冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、足早に家へと向かった。
すると体中に、汗がいっそう出てきた。

薄暗い月曜の明け方に外へ
何か一個の事を、長く続けている人に憧れを抱く。
ダイビングだったり、写真だったり、どんなに目立たない内容でも。
一年に一回だけでも、幼馴染のメンバーと、いつものホテルに連泊する!でも良いと考える。
どんなことでも一つを続けると最後には実用までたどり着くことができるかもしれない。
思い返せば、保育園の時にピアノと編み物の2つを教わっていたが、また学習したいな。
そんな風に考えるのは、リビングのの隅に両親に貰ったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、一生にもう一回弾きたいとという理想がある。

曇っている日曜の夜明けはお酒を

オフィスで働いていたころ、いまいち辞める機会がやってこなかった。
かなり退職したかったわけではないから。
チームで働く気持ちがなかったのかもしれない。
だけど、ある時、熱意を込めて今月で辞めると話した。
そんな日に限り、普通は少しばかり厳しいと印象を抱いていたKさんが、声をかけてきてくれた。
話している中で、ほとんど事情を知るはずもないKさんが「今の仕事、大変だけど、だけど君はもうちょいやれると思うよ。」といった。
色々あったので胸が痛くなった。
このことから、会社の帰りに、採用担当に辞めることを受理しないようにしてもらった。

余裕で走る妹と穴のあいた靴下
あんまり、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから見ている。
殺人犯の家族と被害者側の親兄弟が出会ってという話の中身で、常識的にいってありえない話の中身だ。
被害者側の家族と犯人側の家族のどちらの家族も悲しい内容が出されている。
内容の雰囲気はめちゃめちゃ暗いと思うが、しかしその分、色づかいはきれいなようにつくられている。
花や緑や自然の映像が大変多くて、牧歌的というのかきれいな映像がものすごく多い。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

陽気に大声を出す弟と暑い日差し

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技が苦手なので、不満げに体操服に着替えていた。
おそらく今日は、運動神経バツグンのケンイチ君ばかり活躍するのだろう。
今日はおそらく、運動神経バツグンのケンイチ君が活躍するはずだ。
ということは、少年が密かにあこがれているフーコちゃんも、ケンイチ君が活躍するところを見るなるのだろう。
少年はため息をつきながら、運動場へ向かった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方を何度も見ていたのを、少年は気がつかなかった。

雨が上がった週末の夜明けは料理を
銀座の水商売のお姉さんを見ていると、素晴らしいと思う。
それは、キメキメのルックス、トーク術、それらに対する努力。
客に完全に勘違いをさせないで、夢を与えているとちらつかせながら、常連になってもらう。
たまには、もしかしてコイツ、自分に気があるのかな?など思ってもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
一番は、私はナンバーワンのホステスさんたちの給料が凄く知りたい。

TOP

サイト内カテゴリ

Copyright (C) 2015 開発者は月夜に叫んでいた All Rights Reserved.